広島東洋カープのディープな情報は広島カープネットがいちばん充実している

食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓中で分解されて、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があるようです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、全く摂らない所以にはいけません。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。透析導入前の保存期の方だったら、食事療法を試みる事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は重要視されます。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、また献立の工夫や、それぞれに似つかわしい食塩の減らし方などを教えます。たとえば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することにより、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切です。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、前むきにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質があげられるのです。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質の場合分離されれば約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担がかかります。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g~40gです。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行なう際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い味付けの食べ物には思ったより沢山のたんぱく質がふくまれているのです。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が内包されています。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で色々な工夫についてしることができます。開業医さんで食事指導をうけられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウム摂取を減らす必要があるようです。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもふくまれているカリウムが、間違いなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあるようです。。あわせて読むとおすすめ⇒カープブログ