人工透析導入後も健康体で透析をするために食事療法は重要な治療法です

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっているんです。尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事なのですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や果物と比べて大概はカリウム含有量が非常に高いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。食事をして摂り入れたたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際に供に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らない理由にはいけません。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重とすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、前むきにこれらの管理を行う事でCKDの悪化を抑制できます。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの水量・形状・処理時間次第で変動します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康体のキープとされます。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を元に腎不全への進行を遅らせることができて、透析導入を遅らせることができます。また、透析導入後も、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担がかかります。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30~40gとなります。肉や魚その他卵や豆腐はかなりな量のたんぱく質があり、ついついたべすぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしてください。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多くふくまれています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えば、ショートケーキひとつには卵1個と同量くらいのたんぱく質がふくまれている理由です。購入はこちら⇒透析食 宅配 ランキング