背中ニキビはマラセチア菌が原因になる場合が多い

人には誰しも、皮膚にマラセチア菌という常在菌が存在し、これらマラセチア菌は皮脂を好む性質があります。皮脂が詰め込まれた白ニキビの中は、マラセチア菌には最も好ましい環境です。ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、あまたの皮脂を食べながら増えてゆき、皮脂が含むトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質へ変化を指せてしまいます。背中ニキビの予防・対策を考える際、入浴時に注意すべき要因があります。丁寧に洗顔していても体を雑な洗い方をしている人は要注意です。背中ニキビは、鏡を二枚駆使して見ないかぎり、捜し出せはしないのに、タンクトップなど背中を露出指せた服装をすると、他人からは結構目立ってしまう、随分わずらわしい肌トラブルです。背中ニキビの発生には、肌の乾燥や睡眠不足、また疲労といった物理的なストレス、また精神的ストレスによるものです。大きなストレスを受けることで、自律神経のうち、交感神経が活発にはたらきます。交感神経が優位になると男性ホルモンが過剰に分泌され、ホルモンバランスの乱れが起きてしまいます。男性ホルモンは皮脂分泌を促し、角栓を発生指せ、その上毛穴の縮小を引き起こ指せます。背中を初め、二の腕やお尻、太もも、ふくらはぎなどにブツブツが見られる場合には、毛孔性苔癬の可能性が挙げられます。毛孔性角化症とも呼ばれるように、古い角質の肥厚化が原因です。ニキビのようにも見えますが、違うのは細菌による炎症ではないところです。その要因は遺伝的要素が強く、年をとっていくにつれて自然に完治する場合も多いと言われています。肌の代謝が活発になるPM10時からAM2時の間に、しっかり睡眠時間を設けることはストレスをカットしてくれます。多大なストレスがかかると交感神経が活発化して、背中ニキビを誘発する糖質コルチノイドができます。清潔な睡眠環境でしっかり眠ることは、ストレスカットにも貢献しニキビ発生をも防ぐこの上ないニキビ予防法です。背中を洗うとき、汚れを落とすにしても、綿編みタオルやボディブラシのようなもので乱暴に洗ってはいけないのです。強い刺激で肌のバリア機能が低下したり、背中ニキビができている場合には、傷を付けることで炎症をさらに悪化指せてしまいます。汚れを初め、余分な皮脂・古い角質などは洗い去る必要がありますが、優しく、こすり過ぎないようにしましょう。背中ニキビへのアプローチは大人ニキビと同じくビタミンC誘導体を保有したローションだったり化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質を取り去るピーリングがまん中になります。ピーリングはクリニックだけじゃなく、自宅でも気軽に行えます。入浴時にピーリング石鹸を使用すれば、古い角質をオフし、その上薬剤を肌にのこすこともありません。お風呂からあがったら十分な保湿を行なうことも大切です。大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送り、寝不足がちで、食生活の乱れといった要因があります。自律神経の乱れが起きると、同じくホルモンバランスも崩れて、肌トラブルの原因になります。まずは生活を見直してみましょう。ご飯にビタミン類を含む食材を取り入れるなど、栄養バランスにも気をつけ、不規則な生活を辞め、充分に眠ることが肝心です。顔や胸にはニキビはないのに、背中にできてしまったニキビだけが深刻化してしまう人も多いようです。顔とは違い、背中にできるニキビは気づきにくいケースも多く気付いた時には慢性化していて治療が長引くことがあります。かゆみや痛みが強く感じられるときには、専門医を受診するようにしましょう。炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡が残ってしまうこともあるのです。背中ニキビの改善や予防のために摂るべき栄養素は、ビタミンB群が挙げられます。豚肉やレバー、また乳製品などにふくまれるビタミンB2、カツオにマグロ、鶏ささみなどが持つビタミンB6には、皮脂分泌を減らす効果があります。かぼちゃ・にんじんにふくまれる豊富なビタミンA、ゴマや玄米が持つ亜鉛、レモンやイチゴがたっぷり含んでいるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。続きはこちら⇒背中ニキビ 保湿 クリーム