むくみを取るためにも腎臓病の食事制限は必要

腎臓病を発症すると糸球体や血管が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。重ねて尿と伴に除外されるような老廃物まで、体内で増加しはじめます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内へと送り続ける重要があるのです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する重要があります。甘い食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)の場合でも意外な事にたんぱく質が多く含まれています。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が含まれます。糖尿病性腎症は、糖尿病に特有の合併症の一つです。(糖尿病の三大合併症:網膜症、腎症、神経障害)高血糖が続くと、腎臓の毛細血管に負担がかかり、腎臓の機能が低下してしまいます。血糖状態、血圧、摂取たんぱく質量を調整することによって、腎臓への負担を軽減し、糖尿病性腎症を予防、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。人体に重要な3大栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。慢性腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の症状進行を極力抑える事ができる為す。そうとう上手にいった場合、慢性腎臓病の進行はすでに止まったのではないかと考えるレベルで遅らせる事が可能なのです。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。腎臓病の食事療法の目的は、慢性腎臓病の症状進行を食い止める事と、良好な体調の存続です。人工透析が重要無い保存期の間は、食事療法をもとに腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に人工透析が重要となってからも、なるべく体調を崩さずに人工透析に望むために、食事療法は大きな意味をもちます。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。腎機能を正常に保つために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適切な量は摂取する重要があります。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。病理制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中に含まれるすべての水分が該当します。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の病理制限のみで済みます。病理制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量をもとに医師が決定します。脱水は腎臓機能を症状進行させる要因になるのできちんと医師の診察の元病理制限を施すようにしましょう。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に達してろ過された後他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、当然クレアチニンの数値も下がります。加えて、妊娠状態にある際は、尿とあわせて排出するクレアチニンの量が多くなるために、普段よりクレアチニンの値は減少します。慢性腎臓病を発症する方にお薦めしたい、低たんぱくの特殊食品があります。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を調整する重要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合には血糖値を悪くしないために、エネルギー量にも病理制限が生じます。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や管理栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。
よく読まれてるサイト:腎臓病食事 宅配ランキング