介護食は家族の負担を考慮して決める!

肉や魚その他卵や豆腐はまあまあな量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取することでようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個程のたんぱく質が内包されています。嚥下障害を患うと肺の内部が蝕まれるため正常な血流がおこなわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に加算されていきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりと言うことがおこります。故に的確なご飯療法を設けて、一定の水分・食材の硬さ・蛋白質・エネルギーを維持することが必要となります。嚥下障害でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる介護食品が販売されています。このような商品を的確に用いる事が無理のないご飯管理につながります。腎臓機能が下がっていくに従い、今以上に考えてご飯を徹底しないとなりません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。個人の見解で判断するのではなく、しっかりとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ないましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の水量・形状・処理時間次第で変動します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、しっかりと搾る事で効果は高まります。嚥下障害におけるご飯療法の意味合いは、なるべく嚥下障害を悪化させない事と、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることができてます。また、透析導入後も、出来るだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は必須なのです。嚥下障害を患っていてもご飯療法が的確ならば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、嚥下障害の悪化のペースを遅くできます。優れた効き目が出た際には、嚥下障害の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせる事が可能なのです。ご飯療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。ご飯療法に関しては、患者が自ら自発的に取り組める最善の手法になります。日々のご飯で得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際に供に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で現すと30~40g程になります。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元につくられる老廃物であり、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの度量が多くなるため、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。嚥下障害が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、食材の硬さと水分の制限を設ける必要性が出てきます。この場合 飲み水だけではなく、食品に含まれる水分量もふくめます。嚥下障害がなかったり軽い場合は食材の硬さの制限のみで済みます。この場合の水分制限は病気の状態や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>介護食宅配ランキング