競馬は、実際に競馬場に行って馬券を買う方法のほか、ウインズなど馬券の購入に特化した施設や、家に居ながらにしてパソコンから買うなど、様々な方法があります。
競馬場では、開催中かどうかに関わらず、馬券を購入することができます。開催中であれば、馬の様子を見ることができるパドックや、本馬場入場、返し馬など、競走馬のレースまでの過程を一通り見学し、予想に役立て、レースを生で観戦することができます。
各所にマークシートが設置されているため、予想を書き込んだうえで馬券販売機で購入するのが一般的ですが、即PATなどに加入していれば、競馬場でもスマートフォン等から購入することができます。

開催中ではなくても同様に馬券の購入が可能ですが、開催時には多くの特典やサービス、有名人を迎えての各種イベントが実施されているため、馬券以外でも楽しむことができるようになっています。
場内にある施設は場所によって異なりますが、観戦席のほか、チャイルドルームや食事処などもあります。観戦席には自由席以外にも指定席が用意されている所が多く、快適に観戦することができ、インターネットからの予約購入もできるようになっています。食事処には、特に大きな競馬場ではレストランやファストフード店が多数揃っています。

自宅から馬券を購入する場合は、即PATやA-PAT、JRAダイレクトなどで購入します。即PATの場合は、指定のネット銀行の口座を持っていれば、簡単に申し込むことができます。購入はパソコンやスマートフォン、フィーチャーホンにて行い、100円から馬券を買うことができます。
A-PATは即PATと似ていますが、馬券購入専用の口座が必要とされ、プッシュホン電話が利用できるという特徴があります。JRAダイレクトは、馬券の購入にクレジットカードを用いる方法で、利用可能端末はパソコンのみ、1回あたりの最低投票金額が1000円以上となっています。これらインターネット投票では、一部指定席でしか買うことのできないWin5も購入可能です。また、自宅から購入できるので、購入の際にディープな内容の競馬サイトの口コミを参考にすれば当たる確率も高くなるかもしれません。

自宅からの投票は、レースやパドックを生で見ることができない反面、周囲に気兼ねすること無く馬券を購入できるほか、競馬専門チャンネルを契約することで、自宅に居ながら1レースから最終レースまでを、画面を通してレースやパドックを見つつ馬券を購入できるというメリットもあります。
このように、天気の良い日は競馬場、あまり気乗りしない日は自宅で購入するなど、競馬には多くの楽しみ方があります。